企業再生におけるITコンサルタント

Go down

企業再生におけるITコンサルタント

投稿  Admin on Wed Dec 07, 2011 12:13 pm

しかし現実には数多くの企業がコンサルタントを雇っている。それも、一般的にイメージされている大企業ばかりではない。いわゆる中小企業がコンサルタントを使うケースが非常に多いのだ。
いずれも企業のコア機能に密接に関わる分野である。
その費用に見合う成果がまったく出ていないという批判である。

独立当時はクライアントもしっかり確保して、景気も良く、順風満帆のように思えた。
勉強して、経営学を学び、MBAや資格試験に通って、そのまま通用する世界ではないのだ。
なぜなら、いくらシナリオが良く描けているように見えても、やるのは結局、人間だ。

これは企業によって千差万別に違いないが、効果が上がったという企業の意見を見てみよう。
コンサルタントの良し悪しは、決して会社の看板では判断できない。
職業柄、自らを理論武装して、弁がたつコンサルタントは、暴走してしまえば非常にやっかいな存在になる恐れがある。
ITコンサルタントは顧客第一主義であるべき。
導入後のアフターフォローが弱いと、せっかく良い制度を導入しても、元の慣習に戻ったり、新しい制度に抵抗する人間の影響を受けやすいので十分注意したい。
信頼できる会社であれば、コンサルタントの実際の導入実績や企業の評価に基づいて選定されるため、成功確率が比較的高くなると考えられる。
企業再生を支援するコンサルタントもいる。
こういったマッチングを確実にするためには、人材の量の確保が欠かせない。そのため商工会議所のような機関では率先して人材のデータベースを提供している。
そう、理屈ではないが、話していて楽しい、刺激を受ける、新しいアイデアがどんどん出てくる、というコンサルタントが相性が良いのである。

Admin
Admin

投稿数 : 152
Join date : 2011/11/09

ユーザーのプロフィールを表示 http://clearism.forumjap.com

トップに戻る Go down

トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: 不可