生命保険紹介入手法ならこのサイト

Go down

生命保険紹介入手法ならこのサイト

投稿  Admin on Fri Apr 06, 2012 11:07 pm

それは、この生命保険ビジネスで「将来にわたって成功し続けるために必要なこと。」が何なのかを予め知っておくことです。<BR>
もちろん日々の生活の基盤作りのために、個人保険をゲットしていくことは、今のあなたにとっては必要なことです。<BR>
そうすればますます売れるオーラが出て、楽をして販売が出来ます。以上のことをよく理解した上で、保険販売で成功する17の考え方を熟読してみてください。生命保険紹介入手。10個のヒアリングだけでわかるアポ取り&紹介入手の確率を確実に上げる方法!ならこのサイトがお勧めです。<BR>
<BR>
誹謗中傷しなくても強烈にインパクトを与えることが出来、見込み客自身が自分で自分を説得させることが出来ます。<BR>
この犠牲と言う言葉はちょっとニュアンスが違うかもしれませんが、次のようなことです。朝いつもより30分早く起きて、読書をする。テレビを見ない。直行、直帰をしないで必ず会社に寄る。毎週土曜日までに次週のアポイントを5件入れる。<BR>
自分が嫌いなことを見込み客に強制するわけですから、そりゃあ見込み客は逃げますよね。売り込まず、説得せずに“見込み客が自分で自分を説得するように仕向ける”ことがあなたの仕事なのです。<BR>
<BR>
私のアプローチトークを使えば、あなたから保険に加入したくなるようなストーリーになっていますので、見込み客が他社の誹謗中傷しているときにあなたがしなければならないのは、ニコニコ笑いながら、うなずいていることです。<BR>
「この人、一所懸命聴いてくれている。」と思うのです。そして、その姿を見て、話し手は更に饒舌になるのです。<BR>
しゃべりすぎてはいけないのです。特にアッパーマーケットの人は話すことが大好きです。だからあなたの仕事は、うなずきながらその人も話を一所懸命聴いてあげることです。生命保険営業「たった25時間でゲット率を3.4倍にした」保険営業、「ズブの素人がいきなり月払い330万円をゲットし、その後も売れ続けた」生命保険営業、生命保険営業ノウハウならこのサイトが絶対おすすめ!<BR>
<BR>
特に女性の見込み客はその辺のチェックは厳しいかもしれません。出来る営業マンは見た目にも気を使っています。<BR>
相手が社長やドクターのようなアッパー層であっても、相手が失礼な態度や言葉を発するような場合は、堂々と「社長、あなたは大変失礼なので、ここで帰らせていただきます。」と“はっきり言って帰ってやろう”と心に決めて話すことが重要です。<BR>
本当に失礼な見込み客なら、その場で帰るべきです。そんな失礼な人間と付き合う必要はありません。<BR>
これはやってみた人にしかわかりません。本当に見込み客が見えてきます。とにかく得意種目(商品)を持つことです。<BR>本当の意味での生活の基盤作りが出来ます。つまり損害保険は数年間頑張れば、その後はそれほど苦労することもなく生活が出来てしまいます。<BR>
今のあなたの状況を考えてみてください。転職して半年や1年ならいざ知らず、3年も4年も経って今も毎日精神的なダメージを受けながら厳しい営業を続けているとしたら、更にこれから5年、10年と今の状態を続けられますか?保険営業で成功するには、見込み客の心のプロセスを理解する必要があります。そのプロセスを解説した教材なら保険営業で成功する秘訣の中の秘訣を見ることができます。<BR>
ここを意識しないで、問題提起に入る人が実に多いようです。目と耳を傾けてもらう作業を行なわないのは、ボーリングにたとえればヘッドピンをはずすことです。<BR>
<BR>
短期間で自分の定めた目標をなんとしても達成して、その喜びを味わうことが必要です。<BR>
はっきり言って3ヶ月くらい必死で出来ないとしたら、何をやっても成功は味わうことは出来ないでしょう。<BR>
また、人間は人のことを誹謗中傷することが多いようです。特に誰かと話をしているときに、その人が誰か別の人のことを誹謗中傷すると、それに乗じてあなたまでもその人のことを誹謗中傷してしまうことがよくあるでしょう。法人保険営業で成功したいなら、3年で911件・4億5,562万円成約した男の実践『法人保険攻略虎の巻』が秀逸です!<BR>
<BR>
私のアプローチトークを使えば、あなたから保険に加入したくなるようなストーリーになっていますので、見込み客が他社の誹謗中傷しているときにあなたがしなければならないのは、ニコニコ笑いながら、うなずいていることです。<BR>
胸に手を当てて考えてみると、おそらくこのようになっているはずです。必ず決めてやろうと思えば思うほど、説得トークを浴びせかけます。<BR>
他人からの“見た目”を評価してもらう。これはちょっと気が引けることかもしれませんが、第一印象としてあなたは人からどのように見えるかを教えてもらうべきです。<BR>
<BR>
特に女性の見込み客はその辺のチェックは厳しいかもしれません。出来る営業マンは見た目にも気を使っています。<BR>
“売れるオーラ”を出す。プロとして映る。一目置かれる。迫力が出る。見込み客に契約しても良いかなと感じさせる。<BR>
これは不思議ですけれど、おそらく「失礼な見込み客には売らない。」という心積もりが、あなたの意識しないところで売れる迫力を出してくれるのです。<BR>
つまり今までの自分の理解の範囲を超えることがわかるので、新たな見込み客や新たな販売方法や新たなトークが生まれてくるのです。<BR>
<BR>

Admin
Admin

投稿数 : 152
Join date : 2011/11/09

ユーザーのプロフィールを表示 http://clearism.forumjap.com

トップに戻る Go down

トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: 不可