宝登山神社にいってきました

Go down

宝登山神社にいってきました

投稿  Admin on Thu Jan 12, 2012 1:19 am

宝登山神社伝によれば、第12代景行天皇の111年皇子日本武尊が勅命によって東国平定の時、遥拝しようと山頂に向っている折、巨犬が出てきて道案内をしてくれました。その途中、東北方より猛火の燃えて来るのに出遇い、尊の進退はどうすることもできない状態になってしまいました。その折巨犬は猛然と火中に跳入り火を消し止め、尊は無事頂上へ登り遥拝することができました。尊は巨犬に大いに感謝したところ、忽然と姿を消しました。このことから「火止山」の名が起きたといいます。また巨犬は大山祇神の神犬であった事を知り、また防火守護のため火産霊神を拝し、その後山麓に社殿を建て三神を鎮祭し、これが宝登山神社の起源であると伝えられております。


Admin
Admin

投稿数 : 152
Join date : 2011/11/09

ユーザーのプロフィールを表示 http://clearism.forumjap.com

トップに戻る Go down

トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: 不可