債務整理がもたらす恩恵とデメリット

Go down

債務整理がもたらす恩恵とデメリット

投稿  Admin on Tue Nov 20, 2012 2:39 am

過払い金が生じる仕組みはどこからきているんでしょうか?債務整理を依頼すれば弁護士が代行しれくれる?
後に問題にもならない解決方法は、弁護士と相談することです。多重債務の場合、払わなくともいい業者や過払い分を取り返せる業者も出てくる可能性がありますので、詳しくは専門家に相談してください。

弁護士から債務整理のため、各金融業者に取引履歴の開示を請求しますが、なかには3年しか開示できないという、極めて不誠実な会社もいることは確かです。この一連の作業は、債務整理を行う上で、過払い金の発生などの確認には必ず行われることです。

貸金業者が出資法を後ろ盾に請求していた高利息は、平成18年の判例によってなくなりましたので、いまでは低金利しか認められない利息制限法を根拠とした利息しか認められていません。この両方の範囲内で再計算した残額の差額が過払い金となります。

相談者が一番初めの取引をした時期を思い出してもらい、その年と開示された年の間に極端な開きがある場合に採用できる手法です「取引当初の利率からすれば、過払い金が発生していた可能性が高いから、債務残高はゼロになっている」と考えます。

ところで、出資法という法律は、刑事罰を科せられる利率が定められており、平成19年に改正されるまでは、利息制限法の利率とは大きな差がありました。

住宅ローンの債務整理については過払いの問題はありませんが、延滞期間が短ければそれほど大きな金額ではありませんが、長期間延滞してしまうと、再生計画確定時までに未払いの元金、利息及び損害金を全額支払わなければならなくなり、相当な負担となります。

特に過払い金が取り戻せる法律のことが事細かに解説してあったので債務整理なびガイドというサイトを見つけたことは私にとってとても大きなことでした。

ところで、多重債務者の発生や借金苦による自殺の増加を食い止めるため、2006年に成立した改正貸金業法が完全に施行されていますが、以前のように緩めの審査や無審査で貸してくれるところが無くなってきている。

Admin
Admin

投稿数 : 152
Join date : 2011/11/09

ユーザーのプロフィールを表示 http://clearism.forumjap.com

トップに戻る Go down

トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: 不可