社長のための決算書の読みかた

Go down

社長のための決算書の読みかた

投稿  Admin on Wed Dec 07, 2011 12:16 pm

コンサルタントは企業にとってなぜ必要なのか?
生産現場の課題は、古くて、常に新しいテーマである。
外資系大手ファームや、日系の上場大手コンサルティング会社などである。

競争も激しい世界である。だからこそ、そういう時期を乗り越えて、勝ち残っているコンサルタント会社は評価されるのだと思う。
勉強して、経営学を学び、MBAや資格試験に通って、そのまま通用する世界ではないのだ。
なぜなら、いくらシナリオが良く描けているように見えても、やるのは結局、人間だ。

コンサルタントを使ってみた結果、いわゆる成果はどうなっているのか。
そんな使い物にならない人物に、なぜ社内基準よりも遥かに高い報酬を支払わなければならないのか、と後悔しないこと。
また自らの利益を重視するあまり、クライアントを食い物にするような関わり方をする人物も存在する。
厳選されたおすすめのビジネス書である。また制度自体が本当に自社の組織にとって有益に機能しているかどうかは、やはり導入後の定期的なチェックが不可欠になる。
とくにコンサルティング業界を知らないシステム屋さんがつくった、単なる資料請求モデルでは、会社が全く吟味されていないので十分注意が必要だ。
社長のために決算書の読み方を解説している。
それゆえに、あまり第一線から離れて年数がさほど経っていないほうが望ましい。人脈自体が消えてしまっては何の役にも立たないからである。
とくに中小企業やオーナー企業の場合は、そのままトップとの相性と言い換えることができる。なぜ相性が大事なのか? 

Admin
Admin

投稿数 : 152
Join date : 2011/11/09

ユーザーのプロフィールを表示 http://clearism.forumjap.com

トップに戻る Go down

トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: 不可