おすすめのビジネス書

Go down

おすすめのビジネス書

投稿  Admin on Wed Dec 07, 2011 12:00 pm

コンサルタントは企業にとってなぜ必要なのか?
いずれも企業のコア機能に密接に関わる分野である。
とくに外資系ファームは、求人の世界でコンサルティング会社といえば、欧米系のファームを指すことがほとんどである。

やはり事業の世界は、良いときもあれば、厳しいときがある。とくに厳しい時期をいかにして乗り切っていくのかが問われているように思う。
もしコンサルタントとして仕事をする目的やビジョンが明確にあって、なおかつ、客観的に「仕事が出来る」トップ10%に入っていると思えなければ、他の道を薦めるだろう。
そしてそのコンサルタントが目的を達成するための経験やノウハウに長けていると判断できること。

コンサルティングのプロジェクトによって、新しい場を与えられて、客観的に自らの仕事が評価されるという、これまでになかった経験が、社員を成長させることがある。
良いコンサルタントを選ぶためには、現状をどのように認識しているのか、真の課題はどこにあるという仮説を立てるか、そして課題解決のためにどのようなシナリオを描いて実行していくかチェックすることが必要である。
このため、とくにオーナー経営者がコンサルタントを雇う際には、切れ者の独立系コンサルタントを気に入って即座に登用するケースも多い。
また制度自体が本当に自社の組織にとって有益に機能しているかどうかは、やはり導入後の定期的なチェックが不可欠になる。おすすめのビジネス書
だが実際の現場では、限られた時間という制約条件のもとにコンサルタントの人選を進めざるを得ないケースもある。
とくにコンサルタントのような仕事を経験したことのない人物の中には、すべてが指示待ちだったり、他人事のような姿勢でいる者も少なくない。
もし相性が悪いという気がするのに、経歴書などのペーパーレベルで合格を出して、採用すると、おそらく厳しい現実が待ち構えているだろう。

Admin
Admin

投稿数 : 152
Join date : 2011/11/09

ユーザーのプロフィールを表示 http://clearism.forumjap.com

トップに戻る Go down

トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: 不可